お米の産地からの便り(会津有機米研究会)5/3

久しぶりに会津有機米研究会の佐藤さんからお便りがありました。
いつもこの時期は、たくさんお便りを送ってくれるのですが、「今年はどうしたのかな?」と思っていたらお便りが届きました。
お米の仕事の他にも色々なお付き合いがあって、忙しかったんですね。
とにかく佐藤さん、元気に頑張っているようです!
(体を壊さないよう、気をつけて下さいね。)

大変ご無沙汰しておりました、会津の佐藤です。(待ってました!!)

4月から始まった作業が、ようやく一段落しました。
これまでに、何度も何度もお便りを書かなくては!と思っていましたが、挫折してしまいました。

畦畔の畔塗から始まって、排水路の泥上げ、浸種、播種、箱並べ、堆肥散布、耕起、代掻き、草刈り、などなど…、さらには年度の切り替えで様々な会議の連続と子供の送迎、家に帰るとヘトヘトの爆睡。
写真を撮る余力もなく、そんな日々がすーっと続き、ようやく一段落です。

そんな今日も朝から除草剤を散布して、牛の世話、それから高校の県PTA連合会の総会に出席、夜は別な会議です。
そんなことを言っていてはダメですね、みなさん同じです。
頑張ります(反省)。

播種を4月24日に終え、用水が5月8日から引かれて代掻きがスタート、そして田植えが5月20日から始まりました。田植え風景
今年の田植えは一度も雨に当たらず、風もなく、最高の天気でした。
(その分、休む日がなくて困りました)
ハウスの苗も順調で、元気に田んぼデビューです。

今年は肥料を一新、さらに環境に優しくなりましたよ。新肥料
今までの肥料は、窒素の肥効調整コーティング剤が分解しにくくて、前年度の剤が田んぼから川に流れて海洋汚染が心配されていました(漁業の皆さんごめんなさい)。
そこで、分解して肥料になるコーティング剤が普及し始めましたので、すぐに切り替えました。
もちろん、有機質入りの特栽用です。
完熟堆肥もばっちり散布済みです。

今年の田植えも、三春町の親子さんが手伝いに来てくださいました。
ありがたいです。
家のコシヒカリを食べていただいている方です。
1週間もすれば、大地に新しい根を張って、立派に見えてきます。 田植え後1週間

今年の冬は降雪が少なかったので、いつもより用水が少ないのですが、今のところ大丈夫。
これからの梅雨に、大いに期待しましょう。
夏は猛暑だとか、冷夏だとか、どっちなんでしょうか?

これからも手を掛けながら、田んぼの苗を見守っていきますので、宜しくお願いします。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地便り(JA十日町)5/26

魚沼コシヒカリのJA十日町から田植えの様子と「きものまつり」の便りが送られてきましたので、ご紹介します。

十日町では5月に入り晴れの日が多く気温も25℃を超え日差しの強い日が続いております。今年は少雪の影響か水が少ないという声が多く、さらに雨の日が少なく今後の水管理への影響が懸念されます。

【 代掻き・田植え 始まりました!!】
JA十日町管内では、5月に入り耕起、代掻きが行われ5月10日頃から田植えが始まり21、22日頃がピークでありました。
今年は少雪のため雪消えが早く田畑も早くに顔を出しましたが、田植えの方は例年通りで晴れの日も続いており作業は順調に進んでおります!!
今年の夏は、長期予報によると猛暑になるという予報のため生産者への素早い情報提供を行い高品質・良食味米に向け努力してまいります。
2016-5-26 JA十日町産地情報A40247
田植え準備~苗運び~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40242

田植え~植えつけ~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40248

補植作業~手植え~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40241

松之山の田園風景

【 第40回 十日町きものまつり 】
今年で40回目になりました「十日町きものまつり」が5月3日に十日町市街地中心部で行われました。十日町は織物の街として古くから伝統があり、きものまつりは十日町市の春の一大イベントであります。
成人式も同日に行われ、きもの貸出しや、十日町きもの女王撮影会などのイベントのほかに、十三詣り、稚児(ちご)行列などの伝統行事が行われ街はきものを着た老若男女で溢れました。

2016-5-26 JA十日町産地情報A40249
きものまつり

2016-5-26 JA十日町産地情報A40243
きものまつり~稚児行列~

田植え会を行いました。

今年もトップブランド八起会加盟の米屋の仲間といすみ市内の田んぼで、当地の国吉米万喜コシヒカリの田植え会を、たくさんのお客様と一緒に行いました。

ゴールデンウイークの最終日、好天に恵まれ田んぼの周囲の山の緑もとても美しく、時々鶯の鳴き声なんかも聞こえてきたりして、私自身もとても楽しまさせてもらいました。

2016-5-8 万喜田植え会 067

2016-5-8 万喜田植え会 076
田んぼのカエルもこんにちは!

お米の産地便り(JA十日町) 4/28

魚沼コシヒカリのJA十日町から産地の便りが届きましたので、ご紹介します。
写真を見ると山間部の雪もほとんど解けたようです。
田植え間近の十日町の様子です。

十日町では4月入り暖かい気候が続いております。4月下旬頃から肌寒い日や、雨の日も多くなりましたが、田畑にとっては恵みの雨でございます。農家の皆さん播種、育苗管理に忙しい日々が続いております。

『 播種作業開始!!順調に育苗中です 』
JA十日町では、4月13日より育苗施設において播種作業を開始いたしました。
播種を行った苗箱は約30度の出芽機の中で2~3日置いてから農家の方に配送、または農協で育苗を行います。

この時期は気温の変動が大きく、苗もまだまだ未熟な時期であります。今後の生育状況にも関わってきますので温度管理等が重要であります。

  1. 播種作業
    2016-5 JA十日町産地情報0230

2.出芽機
2016-5 JA十日町産地情報0229

3.育苗風景(播種から15日目)
2016-5 JA十日町産地情報0228

4.苗丈
2016-5 JA十日町産地情報0232

5~6. 松代棚田風景
5.星峠の棚田
2016-5 JA十日町産地情報0233

6.蒲生の棚田
2016-5 JA十日町産地情報0234

あの「お米のミルク」あります!

巷で話題の「お米のミルク」あります!
お米のミルク???
「お米? ミルク? それって何?」と思われたあなたに、簡単に説明します。

私の感想としては、一口飲んでみると「つぶつぶ感のない甘酒」のような感じがします。
(サッパリとしていて飲みやすいです。)

名前は、ミルクですが牛乳や乳製品は、使っていません。

私の店で、取り扱っているお米のミルクは、原料に国産米を使用しています。

蒸した白米を使用して、一晩じっくり糖化することでお米の持つ自然な甘みを引き出しています。(砂糖は、不使用です。)

米胚芽油を加えることで、美味しく仕上げています。

1本で、コンビニのおにぎり約1/3個分のお米を使用しているので、忙しくて食事の時間が不規則な方でも、簡単にお米の栄養が摂れる飲み物です。

ヤマト運輸40周年 008

ヤマト運輸さん40周年おめでとうございます。

久々の更新になってしまいました。(反省)

殆ど毎日のようにお世話になっているクロネコヤマトのヤマト運輸さんが、40周年を迎えられたんです。
記念の和菓子(どら焼き)をドライバーさんが、届けてくれました。
ヤマトさんから見たら私の店なんて、どのくらい貢献できているのか解らないくらい小さい店なんだと思うけど、丁寧に記念品を配ってくれたんですよね。
感謝しながら美味しく頂きました。
ヤマト運輸40周年 003

 

満開の桜

お米の配達に行ったマンションから見下ろした風景。
川に架かる桜が、綺麗だったので、写真を1枚撮りました。

2016-03-31さくら

2016-03-31サクラ
マンションから降りてきて、同じ桜を今度は、地上目線でもう1枚!

 

お米の産地情報(JA十日町)3/29

魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から3月のお米の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
今回の産地情報は、ハワイのホノルルで、JA十日町の皆さんが、新潟県十日町産魚沼コシヒカリのPR活動をしたレポートが中心です。
まだ寒い日本を離れてハワイのお話は、チョッと羨ましい感じもします!?
ハワイの皆さんにも日本のお米(魚沼コシヒカリ)美味しさが伝わったかな?

十日町産地情報(28. 3. 29)

十日町では3月入り曇りや雨の日が続き、雪が消えるのも早く3月29日現在
〇十日町・・・1㎝
○松代・・・31㎝
○松之山・・・75㎝
と小雪の影響で例年よりだいぶ早く田畑が出ている状況です。

『ハワイの方に魚沼産コシヒカリ試食して頂きました!!!』
3月11~13日ハワイコンベンションセンターで行われました、ホノルルフェスティバル2016に「おにぎり隊」として参加してきました。ホノルルフェスティバルはハワイ最大の文化交流イベントであります。ハワイの皆様におにぎりをご試食して頂き新潟県十日町の魚沼産コシヒカリをPRしてまいりました。ブースには行列ができるほどの人気で1度に140個のおにぎりを配りましたが、5分~10分であっという間になくなるほどの人気でありました。

〇ハワイホノルルフェスティバルの様子
3月の十日町0210
ホノルルフェスティバルブースの様子

3月の十日町0211
おにぎりをお配りしています。

3月の十日町0212
たくさんの方が開始前から並んで待っていてくれました。

 

 

○2月下旬から温湯消毒を行っておりました種籾は、各農家さんのもとへ配られ、塩水選→浸種、→催芽を行います。

3月の十日町0214

塩水選とは?
種籾を一定の比重(濃度)の食塩水に入れ、浮いたものを取り除き、沈んだものを種子として採用します。充実した発芽力の強い種籾を選び細菌性病害等発生を予防するために大切な作業であります。

 

3月の十日町0215
フキノトウ

3月の十日町0213
つくし