お米の産地からの便り(会津有機米研究会)7/1

会津有機米研究会の佐藤さんから7月の産地の便りが届きました。
会津地方も雨が少ないようですね。
チョット心配ですが、佐藤さんのレポートを読んでみましょう。

会津の佐藤です。
現在の田んぼの状況をお知らせします。
梅雨に入り、曇天の日が多くなりました。
会津ではまとまった降雨が少なく、6月の降雨量が例年の3割しかなかったようです。
そのため、ダムの放水量が2割ほど制限されています。
用水は通常に近い量が確保されていますが、空から降る雨がもう少しほしいところです。

現在の稲の生育は、草丈が30cmを超え、分げつがすすみ20本以上に増えました。
この1カ月で草丈は2倍、茎数は7倍にもなりました。
新しい葉っぱがもう少し増えた後に、草丈がぐんぐん伸びる時期となっています。
2016-7-1 会津
今年は、全体的に田んぼの土壌活性がいまひとつの様子。
田んぼ1枚ごとに土壌の違いがありますが、慣行栽培の方は、例年よりも稲の生育にバラつきが目立ちます。
降雨量が少ないので、土壌の温度が高く、根っこが弱ってしまいます。
けれども、我が家の特栽ガイドラインの田んぼは、有機質が微生物を活性化しているので、その影響は小さく感じています。
今後は茎数が確保されたら、根っこに酸素を与える「中干し」の効果に期待しています。
例年よりも水の管理が生育を左右する作型のようです。

7月に入ると前線が北上し、、まとまった雨が降る季節です。
ダムの貯水率が上がるように、今後1カ月の降水量に期待しています。
そして今年はラニーニャの影響で猛暑だとか。どうなるんでしょうか、心配です。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地からの便り(会津有機米研究会)5/3

久しぶりに会津有機米研究会の佐藤さんからお便りがありました。
いつもこの時期は、たくさんお便りを送ってくれるのですが、「今年はどうしたのかな?」と思っていたらお便りが届きました。
お米の仕事の他にも色々なお付き合いがあって、忙しかったんですね。
とにかく佐藤さん、元気に頑張っているようです!
(体を壊さないよう、気をつけて下さいね。)

大変ご無沙汰しておりました、会津の佐藤です。(待ってました!!)

4月から始まった作業が、ようやく一段落しました。
これまでに、何度も何度もお便りを書かなくては!と思っていましたが、挫折してしまいました。

畦畔の畔塗から始まって、排水路の泥上げ、浸種、播種、箱並べ、堆肥散布、耕起、代掻き、草刈り、などなど…、さらには年度の切り替えで様々な会議の連続と子供の送迎、家に帰るとヘトヘトの爆睡。
写真を撮る余力もなく、そんな日々がすーっと続き、ようやく一段落です。

そんな今日も朝から除草剤を散布して、牛の世話、それから高校の県PTA連合会の総会に出席、夜は別な会議です。
そんなことを言っていてはダメですね、みなさん同じです。
頑張ります(反省)。

播種を4月24日に終え、用水が5月8日から引かれて代掻きがスタート、そして田植えが5月20日から始まりました。田植え風景
今年の田植えは一度も雨に当たらず、風もなく、最高の天気でした。
(その分、休む日がなくて困りました)
ハウスの苗も順調で、元気に田んぼデビューです。

今年は肥料を一新、さらに環境に優しくなりましたよ。新肥料
今までの肥料は、窒素の肥効調整コーティング剤が分解しにくくて、前年度の剤が田んぼから川に流れて海洋汚染が心配されていました(漁業の皆さんごめんなさい)。
そこで、分解して肥料になるコーティング剤が普及し始めましたので、すぐに切り替えました。
もちろん、有機質入りの特栽用です。
完熟堆肥もばっちり散布済みです。

今年の田植えも、三春町の親子さんが手伝いに来てくださいました。
ありがたいです。
家のコシヒカリを食べていただいている方です。
1週間もすれば、大地に新しい根を張って、立派に見えてきます。 田植え後1週間

今年の冬は降雪が少なかったので、いつもより用水が少ないのですが、今のところ大丈夫。
これからの梅雨に、大いに期待しましょう。
夏は猛暑だとか、冷夏だとか、どっちなんでしょうか?

これからも手を掛けながら、田んぼの苗を見守っていきますので、宜しくお願いします。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地便り(JA十日町)5/26

魚沼コシヒカリのJA十日町から田植えの様子と「きものまつり」の便りが送られてきましたので、ご紹介します。

十日町では5月に入り晴れの日が多く気温も25℃を超え日差しの強い日が続いております。今年は少雪の影響か水が少ないという声が多く、さらに雨の日が少なく今後の水管理への影響が懸念されます。

【 代掻き・田植え 始まりました!!】
JA十日町管内では、5月に入り耕起、代掻きが行われ5月10日頃から田植えが始まり21、22日頃がピークでありました。
今年は少雪のため雪消えが早く田畑も早くに顔を出しましたが、田植えの方は例年通りで晴れの日も続いており作業は順調に進んでおります!!
今年の夏は、長期予報によると猛暑になるという予報のため生産者への素早い情報提供を行い高品質・良食味米に向け努力してまいります。
2016-5-26 JA十日町産地情報A40247
田植え準備~苗運び~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40242

田植え~植えつけ~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40248

補植作業~手植え~

2016-5-26 JA十日町産地情報A40241

松之山の田園風景

【 第40回 十日町きものまつり 】
今年で40回目になりました「十日町きものまつり」が5月3日に十日町市街地中心部で行われました。十日町は織物の街として古くから伝統があり、きものまつりは十日町市の春の一大イベントであります。
成人式も同日に行われ、きもの貸出しや、十日町きもの女王撮影会などのイベントのほかに、十三詣り、稚児(ちご)行列などの伝統行事が行われ街はきものを着た老若男女で溢れました。

2016-5-26 JA十日町産地情報A40249
きものまつり

2016-5-26 JA十日町産地情報A40243
きものまつり~稚児行列~

お米の産地情報(JA十日町)3/29

魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から3月のお米の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
今回の産地情報は、ハワイのホノルルで、JA十日町の皆さんが、新潟県十日町産魚沼コシヒカリのPR活動をしたレポートが中心です。
まだ寒い日本を離れてハワイのお話は、チョッと羨ましい感じもします!?
ハワイの皆さんにも日本のお米(魚沼コシヒカリ)美味しさが伝わったかな?

十日町産地情報(28. 3. 29)

十日町では3月入り曇りや雨の日が続き、雪が消えるのも早く3月29日現在
〇十日町・・・1㎝
○松代・・・31㎝
○松之山・・・75㎝
と小雪の影響で例年よりだいぶ早く田畑が出ている状況です。

『ハワイの方に魚沼産コシヒカリ試食して頂きました!!!』
3月11~13日ハワイコンベンションセンターで行われました、ホノルルフェスティバル2016に「おにぎり隊」として参加してきました。ホノルルフェスティバルはハワイ最大の文化交流イベントであります。ハワイの皆様におにぎりをご試食して頂き新潟県十日町の魚沼産コシヒカリをPRしてまいりました。ブースには行列ができるほどの人気で1度に140個のおにぎりを配りましたが、5分~10分であっという間になくなるほどの人気でありました。

〇ハワイホノルルフェスティバルの様子
3月の十日町0210
ホノルルフェスティバルブースの様子

3月の十日町0211
おにぎりをお配りしています。

3月の十日町0212
たくさんの方が開始前から並んで待っていてくれました。

 

 

○2月下旬から温湯消毒を行っておりました種籾は、各農家さんのもとへ配られ、塩水選→浸種、→催芽を行います。

3月の十日町0214

塩水選とは?
種籾を一定の比重(濃度)の食塩水に入れ、浮いたものを取り除き、沈んだものを種子として採用します。充実した発芽力の強い種籾を選び細菌性病害等発生を予防するために大切な作業であります。

 

3月の十日町0215
フキノトウ

3月の十日町0213
つくし

 

お米の産地情報(JA十日町)2/19

魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から2月のお米の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。

十日町では2月に入っても晴れの日が多く現在の積雪は、2月19日現在
〇十日町・・・81㎝
〇松代・・・100㎝
〇松之山・・・180㎝
と例年2mを超える積雪のこの時期ですが小雪が続いております。

2月17日から温湯消毒が開始され、3月の下旬ごろまで続きます。
温湯消毒は60℃のお湯に種籾を浸透させ、伝染病や害虫を防除する技術のことです。
現在(2月19日)は、もち米の温湯消毒が行われています。

2月十日町の風景 01
1.温湯消毒(種籾を網の袋に入れる)

2月十日町の風景 02
2.浸水

2月十日町の風景 03

3.この機械で脱水した後、乾燥室で乾燥させます。

 

2月19日~21日の3日間第67回十日町雪まつりが開催されました。
雪の巨大ステージで繰り広げられる華麗なショーや花火は圧巻です。
日本で最初に住民が主体となって雪まつりを行ったことから、十日町市は、「現代雪まつり発祥の地」として知らています。

2月十日町の風景 04
4.十日町雪まつり(十日町駅前雪像)

2月十日町の風景 05
5.十日町ゆきまつり(雪上ステージにてきものショー)

2月十日町の風景 06
6.松代棚田の田園風景(蒲生の棚田)

十日町の雪祭りに行って来ました。

新潟県十日町の雪祭りに、行って来ました。
十日町の雪祭りを見に行くのは、今回が2回目になります。
一昨年の雪祭りは、晴れの天気だったのですが、今年は、時々雨が降ってきたりして、傘が手放せない一日でしたね。
もう少し天気が良ければ、もっと沢山の雪像を見て回れたのかもしれませんが、それでも今年もそれなりに楽しかった十日町の雪祭りでした。
また来年を楽しみにしましょう。

2016-2-21十日町雪祭り52016-2-1十日町雪祭り2

おいしいじゃんご米コンテストに行って来ました。

1月31日(日)に、秋田県の角館へ日帰りで行って来ました。
帰りの新幹線の中で、何回となく咳が出ていたので、もしかして風邪でも・・・
と思っていたら心配が的中して風邪をひいてしまいました。
インフルエンザだったら大変なことになるので、早めにかかりつけのお医者さんに行って、診てもらいました。
診断の結果、普通の風邪と言うことで、チョッと安心しました。(風邪は、万病の元とも言いますので、安心しては、いけないのですが)
そんなわけで、ブログのアップロードが少し遅れてしまいました。

さて、角館に行った目的は、仙北市神代の「じゃんご米」の「第7回おいしいじゃんご米コンテスト」の審査員として、千葉県の米屋のグループのメンバーと行って来ました。
2016-1-31秋田・神代訪問 001
角館へ向かう秋田新幹線(こまち7号)

2016-1-31秋田・神代訪問 002
隣のホームに停車していた北陸新幹線

東京駅で静岡県の米屋のグループとも合流して賑やかに行って来ました。
今年の角館は、雪がとても少ないようです。(角館駅の様子)
2016-1-31秋田・神代訪問 005

コンテストは、まず食味計と言う機械で計測して、上位5点を選びます。
そして、この5点を今度は、人が試食して順位をつけます。
2016-1-31秋田・神代訪問 011

サンプルになった5点を食べ比べてみると1つひとつは、美味しくて甲乙つけにくいのですが、同じ産地(神代)の同じお米(じゃんご米)でも其々微妙に食味が違っているんですね。(ここが面白いところですね。)

試食審査の様子は、こんな感じです。
2016-1-31秋田・神代訪問 015

そして、表彰式。
2016-1-31秋田・神代訪問 024
皆さん笑顔で、記念写真。

2016-1-31秋田・神代訪問 027
角館駅の売店で売っていた「なまはげおみくじクッキー」
お土産に一つ買ってきました。

 

お米の産地情報(JA十日町)1/15

魚沼コシヒカリのJA十日町から新年のあいさつを兼ねて、産地情報が送られてきましたので、チョッと遅くなりましたがご紹介します。

十日町産地情報(平成28年1月15日)
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

今年も十日町産地情報を送付させて頂きたいと考えております。
この産地情報が少しでも皆様のお役に立てればと考えております。
よろしくお願いいたします。

JA十日町では既に28年産米へ向けて始動いたしました。
健全な稲作を行っていくために欠かせない土づくり。
当JAでは生産者各々から水田の土を提供して頂き、土壌診断を実施しております。
生産者は、この土壌診断結果に基づき、自分の水田にはどのような成分が不足しているのか理解をし、土づくりを行います。
1月十日町 001
【写真①】提出頂いた土を計量

1月十日町 004
【写真②】容器に土、純水を投入

1月十日町 003
【写真③】この装置を使い、土と純水を混ぜます

1月十日町 002
【写真④】混ぜたものをろ過します

1月十日町 005
【写真⑤】ろ過した液体に試薬を入れ測定器にかけます。

この後、生産者のもとへ結果を送付するとともに、各生産者の圃場に合った肥料をご提案していきます。
28年産米へ向けて、順調なスタートが切れました。
今年も高品質、良食味米へ向けて努力していきます。

十日町の冬景色1月
また今年は暖冬であり、雪がとても少ない状況であります。
おそらく、これから降るであろうと感じていますが、魚沼産コシヒカリの生産には雪は欠かせない物であるので、少し心配しているこころであります。
1月十日町 006
写真は、1月5日【十日町市松之山地区】のものです。

1月十日町 007
また1月15日、松之山温泉街にて、「むこ投げ」が行われました。
この「むこ投げ」は300年ほど前から伝わる小正月行事で、前の年にこの集落からお嫁さんをもらった、他の集落のお婿さんが投げられます。
よそ者に集落の娘をとられた青年たちの腹いせが残ったものと言われています。
見ての通り、雪がありますので、お婿さんが怪我をすることはありません。