お米の産地からの便り(会津有機米研究会)7/7

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津有機米研究会の佐藤さんから田植え後の田んぼの様子を伝える便りが届きましたので、ご紹介します。

会津の佐藤です。
田植から1カ月が経過した田んぼの風景を送ります。

今年の6月は曇天が続き低温注意報が出る日もありながら、会津は梅雨入りが遅れました。
カラ梅雨に悩まされ、生育が遅れ気味の田んぼも元気がない様子でしたが、ここへ来て大雨です。
台風3号の影響で前線が北上し、湿った空気が流れ込み、ジメジメとようやく梅雨空。

今日は7月7日、久しぶりの晴れ間です。田んぼも緑一色に染まっています。

草丈はおよそ60cm、分げつも進み茎数は20本ほど、でも平年より体が小さいです。
あと35日で出穂を迎えますが、それまでに新しい葉を出しながらもう少し茎数を増やして伸長します。

これから1カ月でどれだけの穂を生み出せるか、が焦点。
好天に期待しています。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地からの便り(会津有機米研究会)5/29

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津有機米研究会の佐藤さんから田植えの様子を伝えるお便りが届きました。
5月中旬に、30℃を超える日があったなんて、知らなかったけど、
今年も順調に、田植えの作業が終わったようですね。
それでは、佐藤さんからのお便りを読んでみましょう!!

会津の佐藤です。
田植が行われました。

4月の播種作業から始まった今年の田んぼ、ようやく田植となりました。
播種後のハウスの育苗は、5月中旬に30度を超す日が数日あり、管理には気を使いました。
ハウス内の温度が上がると、育苗箱内の土壌温度が上がり、カビが発生し根腐れをおこします。
根腐れになると当然ですが、もう使えません(近所でも沢山の農家さんがいました)。

温度が低い潅水をこまめに掛けることになりますので、これが大変でした。
その間、田んぼでは堆肥散布、耕起、代掻きを田植までに完了しなくてはなりません。
今年の用水は、雪解け水が豊富なために、例年になく順調に確保できました。
やっぱり、冬は雪が降らないとダメなんですね。

毎日、毎日、トラクターでの作業。これが腰に来るんです。振動と騒音が・・・。
お陰で、好天に恵まれ、予定通りの田植えにこぎつきましたよ。

田植になると気が付きます。太陽と水のありがたさに。自然に生かされてるな~、って。
夜はカエルの合唱に癒されながら、明日の天気予報を見ながら家族での作業の確認です。
田植から1週間もすれば、新しい根っこが大地に伸ばし、栄養を吸って日に日に生長します。
さあ、今年もいいお米が出来ますように、と祈るばかりです。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地からの便り(会津有機米研究会)4/25

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津坂下町の佐藤さんから産地情報が送られてきました。
田植え前の種を播く作業です。
地域の皆さんとの共同作業なんですね。
千葉の桜は、すっかり散ってしまいましたが、
会津の桜は、今が満開ですね。
それでは、佐藤さんのお便りをどうぞ読んでくださいね。

会津の佐藤です。
播種作業が行われました。
4月22日、23日の両日、晴天の中での播種作業となりました。
「結い」と呼ばれる組織をつくり、3軒まとめての共同作業です。

毎年繰り返されますが、一連の流れ作業。
箱を入れる人、床土、播種、潅水、覆土、箱を取って積む人。


箱の重さは土と水で、ひと箱当たり約4kgになります。


二日間で3軒分、6,000枚の播種を行いました。

作業中はその家人が総監督を務め、機械の微調整や種籾、土の補充をしながら、他の人に指示を出します。

この時期ですので、近所の子どもさんがどこの学校に進学したとか、学校の先生が変わったとか、またお嫁さんを連れてきたとか、今度の町長選挙の話だったりと、地域の話題で盛り上がります。

外では近所の桜も満開で、春の風に揺られています。

その夜は花見も兼ねて慰労会で盛り上がりますが、そんなに深酒は出来ません。
次の日は、各々のハウスへ育苗箱を並べて、出芽をさせますので。
曇天や雨の日が多い今年の春ですが、いい芽が出て、丈夫な苗になって欲しいものです。
この時期になると、ようやく田んぼも乾き始め、一斉にトラクターの往来が激しくなります。
畦塗、肥料散布、堀払い、などなど、時間を惜しんでの作業は続いて参ります。
播種作業のお知らせでした。
会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地情報(JA十日町)4/13

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町のJA十日町から今月も産地情報が、送られてきましたので、ご紹介します。
今月の写真を見ると先月までたくさん降り積もっていた雪もかなり少なくなって、フキトウや花が咲き始めて春の訪れを感じますね。
それでは、雪国の春を感じながら4月の産地情報です。

【いよいよ春作業が始まります!!】
積雪は、山間部ではまだ1m近く積もっているところもありますが、平場ではほとんど消え春作業の準備始まっております!!
雪消えと共に顔を出すフキノトウやお花が春を感じさせてくれます。
まだまだ肌寒い日が続いておりますので、暖かくなり桜満開のお花見シーズンが待ち遠しいです!!

【29年産米の種籾の浸種が始まりました☆】
浸種は、発芽率を揃えるために重要な作業であります。
浸種の際の水温は10度で12日間を基準とします。浸種作業の後は催芽に入ります。今年の種子の休眠は平年並みとされていますので、催芽温度は30度で日数は1~2日間行います。

催芽作業が終わりますと播種作業→育苗管理となります。
田植え前の作業は今後の生育状況にも大きく関わってきます。

今後の作業も随時、情報発信していきます☆

お米の産地情報(JA十日町)3/1

千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町からお米の産地情報が届きましたので、ご紹介します。
いよいよ今年のお米の田植えに向かって、種籾の温湯消毒の作業が始まりました。
そして、十日町の冬のイベント、第68回十日町雪まつりのレポートです。

十日町では、2月下旬ころから比較的大雪がいっきに降ることは、少なくなりました。
吹雪の日や荒れた天候の日もありますが、降り始めの頃に比べると穏やかな天候が続いております。

☆積雪状況☆(3月1日午前9時現在)
○十日町地区・・・98㎝
○松代・・・137㎝
○松之山・・・217㎝

【種籾の温湯消毒始まりました!!】
JA十日町では、2月6日から中里地区の施設にて29年産の種籾の温湯消毒が始まっております。
温湯消毒とは、種籾を60℃のお湯に10分(うるち米の場合)浸透させ、伝染病や病害虫を防除する技術のことです。

温湯消毒(消毒作業)


温湯消毒(脱水)

【第68回十日町雪まつり開催されました!!】
2月17日~19日に十日町各地で雪まつりのイベントが開催されました。
当日は、ちらちら粉雪が降る程度で、県外や海外から多くの観光客の方がいらっしゃいました。メインイベントの雪上カーニバルでは、竜宮城をイメージした巨大なステージの上で豪華アーティストによるライブが行われ、クライマックスにはナイアガラ花火も上がり大変盛り上がりました!!
十日町の各地には、地域の方が力を合わせて作られた雪像が数多く並びました!!

雪まつり 雪上カーニバル


雪まつり 雪像(市長賞作品)

 

お米の産地情報(JA十日町)12/21

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町から12月の産地情報が届きましたので、お知らせします。
十日町は、すでに雪景色になっているんですね。
写真で見るだけだと美しい雪景色だけど、そこで生活するとなると大変なんでしょうね。
それでは、十日町からの今年最後の産地情報です。

JA十日町産地情報(28.12.21)
十日町地区では、12月11日過ぎ頃からみぞれやあられ、雪の降る前に鳴る雷(雪おこし、雪おろし)が鳴り始め15日、16日と雪が降り積もり積雪は、12月21日現在
○十日町地区・・・8㎝
○松代・・・40㎝
○松之山・・・43㎝
降るときはあっという間に数十センチ積もりますが、現在は晴れが続き徐々に消えているといった状況です。
スキー場は、去年小雪のためオープンが遅れておりましたが、今年は17日頃から順調にオープンしている様子であります。
松代の棚田
2016十日町産地情報12月0295

松代、冬の田園風景
2016十日町産地情報12月0296

平場の田園風景
2016十日町産地情報12月0298

【今年もあと少しとなりました!!】
秋の作業も終わり、生産者の方も冬の仕事に切り替わる時期でありますが、すでに平成29年産米に向けて始動しております!!生産者の方々には、土壌診断のために圃場の土を持ってきて頂いたり、特別栽培米の取組み説明会等に参加して頂いたりと冬の時期の準備も重要な作業であります。
2016十日町産地情報12月0299

今後も十日町の産地情報や作業等皆様にお伝えできるよう努めて参ります。

お米の産地情報(JA十日町)11/15

こんにちは。
お米の萬平商店のブログ「ふっくら通信」です。
ブログの更新を気が付いたら1ヶ月サボってしまいました。
久しぶりの更新は、魚沼コシヒカリのJA十日町からの産地情報です。
十日町は、初雪が降ったようです。
秋から冬へ季節が移り変わろうとしているようですね。

JA十日町産地情報(28.11.15)
十日町地区では、11月に入り一層気温が下がり山間部では、11月9日初雪が降りました。初雪はすぐ消えまた秋晴れの過ごしやすい日が続いております。2016-11月十日町産地情報0289
2016-11月十日町産地情報0288

【 稲わらのすき込み作業!!】
稲刈りが終わった田んぼでは、稲わらのすき込み(秋うち)が行われております。
稲刈りをした際にコンバインから排出された稲わらをトラクターで田んぼの土と一緒に耕耘する作業です。この作業は、土作りに重要な作業で、土壌への有機物補充を促します。稲わらは、土壌改良材としての役割がとても大きいのです。
2016-11月十日町産地情報0290

【 秋の美人林 】
山間部では初雪も降り一段と冷え込みましたが、ここ数日秋晴れが続き日中日差しが暖かくとても快適な陽気でした!!
松之山の美人林では、すっかり秋らしくなったブナの木々がとても綺麗に色づいています。11月中旬ごろまでが見ごろということで、県外からの観光客の方や、カメラを片手に写真を撮る方など多くの方が訪れていました。
2016-11月十日町産地情報02922016-11月十日町産地情報0291

お米の産地情報(JA十日町)10/12

こんにちは。お米の萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から稲刈りの産地情報が届きました。
収穫の秋の風景をご覧ください。

JA十日町産地情報(28.10.07)
十日町地区では、9月10日頃からコシヒカリの稲刈りが始まっております。
2016年9月産地情報十日町0277
今年は、暖冬のため雪消えが早く作業が早まったことや、気候等の関係により出穂が早まったため稲刈り適期も例年に比べ3.4日早まりました。生育状況も順調にきており豊作が見込まれておりましたが、収穫期に入った9月8日頃から雨の日が多くなり、なかなか刈り取れない時期が続き10月7日現在も稲刈りが続いております。(集荷率53.4%)
2016年9月産地情報十日町0276
棚田の稲刈り
【どろんこキッズスクールにて稲刈り体験!!】
9月10日、小学4年生~6年生を対象で行われるどろんこキッズスクールで稲刈り体験が行われました。9月に入りだいぶ涼しくなってきましたが、当日は日差しが強く30℃近い暑さの中子供たちは協力して稲刈りをしておりました。

【 米 初検査 】
9月7日初検査が行われました。JA十日町管内では7か所の米倉庫にて農産物検査員により検査が行われております。
産地情報十日町9月0274

当JAの農産物検査員は県内鑑定協議会において毎年優秀な成績を獲得しており、今年2月に行われた競技会においても優秀賞を獲得し全国鑑定会にも出場いたしました。
生産者から出荷して頂きた大切なお米を優秀な検査員が検査を行っております。
産地情報十日町9月0275