お米の産地からの便り(会津有機米研究会)4/16

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津坂下町の会津有機米研究会ばんげの佐藤さんから田植え前の様子を伝えるお便りが届きましたので、ご紹介します。
3月3日に送られてきた前回のお便りでは、田んぼは、一面の雪景色でしたが、今回の写真から雪は、まったく見られませんね。
春なんですね。

 

会津の佐藤です。
4月に入りました。
田んぼの雪は物凄いスピードで消えて、様々な生き物が活動し始めました。
そして今、ちょうど桜が咲いています。
いつもより1週間程度早いでしょうか。
そんな会津の作業風景をお便りします。

①全ての圃場で畦塗をしました。

②この冬は数年ぶりの大雪でしたので、田んぼの畦畔は崩れて、そしてネズミ穴だらけ。
5月に入り田んぼに水が貼られると、小さなネズミ穴から水漏れし、ダムの効果が失われてしまいます。
水分と温度を保持して苗を守る、水田の機能を維持するための、とても重要な工程です。

③完熟牛糞たい肥を散布しました。
1年間大切に発酵、熟成された堆肥を、田んぼに還元です。
時間と労力が必要ですが、自家製有機質肥料の製造と利用は決して省略できない礎です。

稲わらは牛の健康を維持する大事な飼料となり、その排せつ物は微生物の働きで段階的な発酵を経て、植物に利用されやすい有機質へと生まれ変わります。
我が家で40年以上続く循環型農法です。

④種子の浸種が行われています。
種子は、そのままでは発芽しません。
自らの種を保存するために一定の環境条件にならないと発芽できない仕組みを備えています、休眠ですね。それを打破するための第1条件が水分です。
種子の含水量が25%になると生化学変化が生じ、急速な吸水段階に移行します。
その時に必要な第2条件が温度で、同時に第3条件の酸素が必要になります。

来週にはこれらの準備を終えて、種まき作業を迎える予定です。
それまでに、排水の清掃(堀上)も同時進行中です。
冬の間に鈍っていた体にムチを打ち、今年もおいしいお米が出来るよう頑張っていきます。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地情報4月版(JA十日町)4/10

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から4月の産地情報が、送られてきましたので、ご紹介します。
3月の産地情報では、積雪が多いところで、3m近くあった雪も3月下旬から4月下旬にかけて、すっかり解けて消えてしまうようですね。
そして、特産の雪下人参の収穫や今年の米作りも始まったようです。

☆30年消雪見込み☆(3月30日現在)
○十日町地区・・・3月30日(ほぼ消えました)
○川西・・・4月21日
○松代・・・4月6日(ほぼ消えました)
○松之山・・・4月25日

【すっかり春らしくなりました!!】
十日町では、3m近く積もった雪もほとんど消えました。まだまだ朝晩冷え込みますが日中日向は、ぽかぽかで桜や春の花が一気に咲きはじめました!
平場では田畑の雪はほとんど消えて、いよいよ本格的に作業が始まります。種もみを10℃~15℃の水に浸す「浸種」という作業も早いところでは始まりました。
高品質で美味しいお米を多くの方に届けられるよう、生産者と力を合わせてまいります!!

☆雪どけが進んだ田んぼの様子(夕暮れ)

☆春の花・フキノトウ

【雪国ならではの逸品!!雪下人参】
畑に植えたまま雪の下で冬を越すことにより味がマイルドでとっても甘く、青臭さの少ないしゃきしゃきな人参が収穫されます。
三月末ごろから雪を取り除きながら収穫が始まります。

雪の下で越冬した人参は甘みや旨味を感じる成分であるアスパラギン酸、グリシン、セリン、などのアミノ酸の含有量が大きく増加します!
その変化によりとってもみずみずしく、あまーい雪下人参になります。

☆種もみ浸種の様子

 

 

 

お米の産地情報(JA十日町)3/14

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリ産地の新潟県十日町市のJA十日町から3月の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
いよいよ今年のお米作りが、始まったようです。
最初は、コシヒカリの種子の温湯消毒の作業の説明です。
豪雪地帯の十日町市では、3月になってもまだまだ除雪作業が続いているようです。

 

【平成30年十日町産魚沼コシヒカリ】
春作業スタート(^O^)/
種まき前の種子の消毒作業「温湯消毒」
種籾は、病気の原因となるカビや細菌に汚染されていることがあるので消毒します。
通常農薬を使って消毒しますが、当JAでは60℃のお湯に10分間浸すことで消毒しています。安全安心の米づくりのスタートです。

 

【苗代の除雪作業風景】
雪の多い当地では、適期に育苗や田植えを行うため、苗代の土をいち早く出します。
このように除雪作業を行うことで適期の作業に備えます。

【積雪情報 】30.3. 1現在
十日町・・・131㎝
川西・・・239㎝
松代・・・185㎝
松之山・・・239㎝

【米の施設の雪下ろし作業】
高品質なお米を届けるためには、米を扱う施設の管理も大事です。
雪から施設を守るために、屋根の雪を人力で下していきます。
大変な作業ですが、美味しいお米を届けるため日々頑張っています。

お米の産地からの便り(会津有機米研究会)3/3

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津有機米研究会の佐藤さんから3月のお便りが届きましたので、ご紹介します。
佐藤さん年度末を迎えて、色々とお忙しいようです。
3月と言えば、3月11日の東日本大震災。
忘れることのできない、忘れてはいけないあの日です。
佐藤さんと同じように、本当に色々な意味で、早く春よ来い!

会津の佐藤です。
3月に入りましたね。
会津もようやく春の訪れを感じるようになりました。
日に日に太陽の力強さを肌で感じ、数年ぶりの厳しい冬が終わろうとしている事に、安堵しております。
とはいえ、まだまだ田んぼは雪に覆われ、農道と水路の区別もつかない状態です。
(生活圏の一本裏の通りは除雪もされずに、田んぼまでは車では行けません)でも、この雪と寒さのお陰で、土壌中の微生物が活動を停止しているので、地力(有機質)が温存されているのです。
ありがたく、大切なモノなのですね。

さて、年度末の決算期に入り、私も様々な団体の総会の準備に追われていますが、地域に暮らす人々のつながりを大切にして、これから活躍する次世代のための環境改善に携わっております。
地方では雇用の場が減少し、大都市圏への人口流出による少子化や高齢化で、自治体の財政弱体が進む一方で税負担が重く、高校の進学を諦めざるを得ない家庭も少なくありません。
そしてもうすぐ、あの大震災から7年。
雪解けは春とともにその歩みが早まりますが、痛ましい記憶とその影響は、なかなか消えることが出来ません。
はやく、春よ来い。
そう祈って、会津の風景を送ります。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

 

お米の産地情報(JA十日町)2/7

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町のJA十日町から2月の産地情報が、送られてきましたので、ご紹介します。

☆積雪状況☆(2月7日9時現在)
○十日町地区・・・132㎝
○松代・・・178㎝
○松之山・・・223㎝

【雪国十日町!!一面真っ白銀世界】
十日町では、湿った雪が降り続いています。
1月中旬頃は一度春の様な陽気になりましたが、下旬にかけてまた降り続けました。降雪の多い地域では1日で90㎝!!
積雪は2mを超える地域もあります。

☆蒲生の棚田

積雪が一気に増え綺麗なだんだんは見えにくくなりました。。。

【むこ投げ】in松之山
前年に結婚した初婿を、薬師堂の高さ5メートル程ある境内から投げ落とす行事。今では、結婚の祝福と夫婦の絆が固くなるよう願い行われているが、過去にはムラの娘を取られた腹いせが形をかえて残ったとも言われている。

【チンコロ】
しんこ(米の粉)を原料にした細工物。
魔除けや福を招く縁起物として飾られています。
うさぎや犬、猫や干支の動物など種類豊富でとても細かくかわいい姿がとても人気があります。

お米の産地からの便り(会津有機米研究会)1/30

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津有機米研究会の佐藤さんから今年最初のお便りが届きましたので、ご紹介します。
今年の会津の冬は、とても寒そうですね。
佐藤さんは、和牛の飼育をして、その堆肥をお米作りに使っています。
毎年1月の地域の行事のお便りも寒そうだけど楽しそうです。

会津の佐藤です。
なかなかお便りを遅れずに申し訳ありませんでした。
久方ぶりの会津の風景をお知らせします。
まず、今年の冬ははとても寒い!
例年より早く訪れた会津の冬は、年を重ねたおかげで特に身にしみます。
先日は朝の最低気温がマイナス14度を記録し、その日の最高でさえマイナス4度。
牛舎の牛用の飲み水が出ず、牛にせかされながらお湯をかけて凍結を溶かすのですが、お昼を過ぎても西端にある1ヶ所だけは解決せず、何往復もしてバケツ水で対処。
それでも、夕方にはまた全ての水が凍結。「ふりだし」に戻ります。
結局、全部出たのは翌日の夕方でした~。牛さんよく辛抱強く待ちましたね、エライ!

その後、一旦は温暖になった1月21日に集落恒例の「歳の神」が行われました。
明るいうちに子供会の児童が役員と各戸をまわり、ワラや豆ガラを譲り受けて積んだ山に点火されると、昨年の神棚のお飾りやお札をその火で焚いて、年末についた餅やスルメを焼いて家族みんなで食べます。
今年も無病息災、家内安全で暮らせますように。

それもつかの間、先週の1週間はずーっと最高気温がマイナスに・・・。
猛吹雪、低温、降雪、吹き溜まりで乗用車にも乗れない日の連続でした。
ひたすら雪かき、雪かき、雪かき。毎日、雪かき。
出席予定していた大事な会議もキャンセルして、雪かきと牛の水対策の日々。
これだけ降ったら今年の田んぼの水は心配なし、っと前向きな思考で。
早く春が来ることを祈るばかりです。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地情報(JA十日町) 1/12

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町から1月の産地情報(作柄情報・産地情報)が送られてきましたので、ご紹介します。
豪雪地帯の十日町では、平地でも60㎝以上、山間部では、1mを超える雪が降っているようです。
千葉県では、雪が5㎝も降ったら大変なことになるので、雪国の生活って大変なんだろうと思います。(私には、想像を超えるような大雪です。。。)
それでは、平成30年最初の新潟県十日町の産地情報をお届けします。
米作りと雪には、どんな関係があるのでしょうか?

【新年明けましておめでとうございます!!】
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。
今年も十日町の産地情報を送付させて頂きたいと考えております。
この産地情報が少しでも皆様のお役に立てればと考えております。宜しくお願い致します。

☆積雪状況☆(1月12日9時現在)
○十日町地区・・・68㎝
○松代・・・122㎝
○松之山・・・146㎝
今年は、11月16日に例年に比べ少し早い初雪が降りました。
その後は、積もって消えてを繰り返していましたが、12月中旬にどかっと一気に降り積もり2日間で70㎝以上積もった日もありました。

十日町は一瞬で真っ白な雪国に様変わり!!
☆中里地区7月と12月比較

☆屋根に積もった雪

Point!! 美味しいお米と雪の関係
春に山で融けた雪が山林の落ち葉が作り上げた腐葉土の養分をたくさん含んで、ミネラルたっぷりな雪解け水が平野部の田んぼへ流れます。
冷たくてミネラルたっぷりな豊富な水はお米の生育にとても重要です!

☆ウィンターイベント情報☆
○十日町雪まつり
日時2月16日(金)18:00~2月18日(日)16:00まで
メインステージは17日(土)17:00~18:30
アーティストによる雪上パフォーマンスが行われます。

JA十日町さんが来店してくれました。

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

今日は、午後から魚沼コシヒカリのJA十日町の職員さんが、来店してくれました。
今年の6月にも来店してくれた職員さん
今回は、おひとりでの来店です。

テレビのニュースでは、十日町は、かなりの雪が降っているようです。

今年もおいしい十日町産魚沼コシヒカリをたくさん食べてくださいね!
クリスマスツリーと一緒に記念撮影!

お米の産地情報(JA十日町)12/4

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町から11月の産地情報(作柄情報・産地情報)が送られてきましたので、ご紹介します。
十日町では、田んぼの秋作業が始まり、初雪も降ったようです。

【29年産十日町産魚沼コシヒカリ】
29年産作柄状況
○作況指数 ・・・新潟県 96  魚沼地区 97
○等級比率(11.28現在)・・・78.2%
○格落ち要因で一番多いもの・・・青未熟

29年産米は、6月初めの低温の影響で生育に遅れが出ましたが、徐々に平年並みとなりました。
しかし、天候不順で稲の丈が長くなったことや8月中旬の台風で多くの地域で、稲が倒伏し生育に遅れが見られました。
また、日照不足で穂に栄養が行かず中身が入らない状態な穂も例年に比べ多く、青未熟が増えたとみられます。

【11月産地情報】
9年産米は倒伏や天候の関係で、稲刈りがなかなか進まない地域もありました。
稲刈り後田んぼを耕す作業(秋作業)も概ね完了し、11月16日例年に比べて少し早い初雪が降りました。
【秋作業の様子】

現在雪はほぼ消えましたが、寒さも次第に強くなり、もう時期、雪深い季節が始まりそうです。
【初雪写真】

 

お米の産地情報(JA十日町)10/23

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

魚沼コシヒカリの産地、新潟県十日町市のJA十日町から10月の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
いよいよ収穫の秋、稲刈りの季節です。
収穫したお米は、乾燥した後、農産物検査を受けてから消費地に出荷されます。

【新米お届けいたします!!】
29年産米は、収穫時期直前の台風の影響での倒伏や雨が続いた影響もあり、登熟の遅れや刈り取り作業が思うように進まず集荷の遅れが続きました。(10/20現在 集荷率75.4%)

山間部ではまだ刈り取りが終わらない地域もありますが、はざかけの景色が広がっており秋らしい風景となりました。

生産者の方は、刈り取りに苦労しながらも良品質米をお届けするために乾燥調整まで丁寧に行っております。

JA十日町では、新潟県内の鑑定会はもちろん全国でも優秀な成績をおさめている農産物検査員がお米の検査をしています。

土作りから始まり。生産者の方が春から大切に育てた大切なお米を職員総出で倉庫に運び、お待ちいただいている皆様にお届けします。