雪が降りました!!

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

前回の記事で、十日町の雪のお話をして、「千葉県で、雪が5㎝も降ったら大変なことになる」なんて書いたら今日は、雪です!
天気予報では、千葉市に大雪注意報が出ました!!
午前11時ごろからみぞれが降り出して、一旦は降りやんだのですが、午後3時ごろから雪が降り始めました。
明日の未明まで、雪が降るようです。

 

お米の産地情報(JA十日町) 1/12

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町から1月の産地情報(作柄情報・産地情報)が送られてきましたので、ご紹介します。
豪雪地帯の十日町では、平地でも60㎝以上、山間部では、1mを超える雪が降っているようです。
千葉県では、雪が5㎝も降ったら大変なことになるので、雪国の生活って大変なんだろうと思います。(私には、想像を超えるような大雪です。。。)
それでは、平成30年最初の新潟県十日町の産地情報をお届けします。
米作りと雪には、どんな関係があるのでしょうか?

【新年明けましておめでとうございます!!】
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。
今年も十日町の産地情報を送付させて頂きたいと考えております。
この産地情報が少しでも皆様のお役に立てればと考えております。宜しくお願い致します。

☆積雪状況☆(1月12日9時現在)
○十日町地区・・・68㎝
○松代・・・122㎝
○松之山・・・146㎝
今年は、11月16日に例年に比べ少し早い初雪が降りました。
その後は、積もって消えてを繰り返していましたが、12月中旬にどかっと一気に降り積もり2日間で70㎝以上積もった日もありました。

十日町は一瞬で真っ白な雪国に様変わり!!
☆中里地区7月と12月比較

☆屋根に積もった雪

Point!! 美味しいお米と雪の関係
春に山で融けた雪が山林の落ち葉が作り上げた腐葉土の養分をたくさん含んで、ミネラルたっぷりな雪解け水が平野部の田んぼへ流れます。
冷たくてミネラルたっぷりな豊富な水はお米の生育にとても重要です!

☆ウィンターイベント情報☆
○十日町雪まつり
日時2月16日(金)18:00~2月18日(日)16:00まで
メインステージは17日(土)17:00~18:30
アーティストによる雪上パフォーマンスが行われます。

JA十日町さんが来店してくれました。

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

今日は、午後から魚沼コシヒカリのJA十日町の職員さんが、来店してくれました。
今年の6月にも来店してくれた職員さん
今回は、おひとりでの来店です。

テレビのニュースでは、十日町は、かなりの雪が降っているようです。

今年もおいしい十日町産魚沼コシヒカリをたくさん食べてくださいね!
クリスマスツリーと一緒に記念撮影!

お米の産地情報(JA十日町)12/4

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリのJA十日町から11月の産地情報(作柄情報・産地情報)が送られてきましたので、ご紹介します。
十日町では、田んぼの秋作業が始まり、初雪も降ったようです。

【29年産十日町産魚沼コシヒカリ】
29年産作柄状況
○作況指数 ・・・新潟県 96  魚沼地区 97
○等級比率(11.28現在)・・・78.2%
○格落ち要因で一番多いもの・・・青未熟

29年産米は、6月初めの低温の影響で生育に遅れが出ましたが、徐々に平年並みとなりました。
しかし、天候不順で稲の丈が長くなったことや8月中旬の台風で多くの地域で、稲が倒伏し生育に遅れが見られました。
また、日照不足で穂に栄養が行かず中身が入らない状態な穂も例年に比べ多く、青未熟が増えたとみられます。

【11月産地情報】
9年産米は倒伏や天候の関係で、稲刈りがなかなか進まない地域もありました。
稲刈り後田んぼを耕す作業(秋作業)も概ね完了し、11月16日例年に比べて少し早い初雪が降りました。
【秋作業の様子】

現在雪はほぼ消えましたが、寒さも次第に強くなり、もう時期、雪深い季節が始まりそうです。
【初雪写真】

 

お米の産地情報(JA十日町)10/23

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

魚沼コシヒカリの産地、新潟県十日町市のJA十日町から10月の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
いよいよ収穫の秋、稲刈りの季節です。
収穫したお米は、乾燥した後、農産物検査を受けてから消費地に出荷されます。

【新米お届けいたします!!】
29年産米は、収穫時期直前の台風の影響での倒伏や雨が続いた影響もあり、登熟の遅れや刈り取り作業が思うように進まず集荷の遅れが続きました。(10/20現在 集荷率75.4%)

山間部ではまだ刈り取りが終わらない地域もありますが、はざかけの景色が広がっており秋らしい風景となりました。

生産者の方は、刈り取りに苦労しながらも良品質米をお届けするために乾燥調整まで丁寧に行っております。

JA十日町では、新潟県内の鑑定会はもちろん全国でも優秀な成績をおさめている農産物検査員がお米の検査をしています。

土作りから始まり。生産者の方が春から大切に育てた大切なお米を職員総出で倉庫に運び、お待ちいただいている皆様にお届けします。

 

ついにテーブルが届きました!

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

以前から店の中に、折りたたみの小さなテーブルがあると便利だな~なんて思っていたんですけど、
通販でついに見つかりました!

昼食を食べているときに届いたので、昼休みに早速梱包を開いて組み立ててみました。
テーブルは、木製の折りたたみです。
自然の木の感じに、暖か味みがあったり、色の感じと言い、表面にチョット凹凸があったりして、これがまた何とも言えず良いです!!!
即、気に入りました!
満足です!!

真空保存の米びつが入荷しました!

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。

真空保存の米びつが、入荷しました!
(真空ハジーパックとも言います。)

*写真の真空米びつは、5㎏用です。

容器にお米を入れた後、
ポンプを差し込んで、
キャップを回して閉じます。
容器をテーブルの上などに横にして置いて、
中身を平らにしてから
ポンプを10回以上引いてください。
空気が抜けて固まれば完成です。
女性やご高齢の方でも簡単にポンプを操作できます。
容器にいっぱいにお米を入れても、

お米を消費しながらでも

繰り返し真空状態にして使えます。
これは便利!!