お米の産地情報(JA十日町)3/14

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリ産地の新潟県十日町市のJA十日町から3月の産地情報が送られてきましたので、ご紹介します。
いよいよ今年のお米作りが、始まったようです。
最初は、コシヒカリの種子の温湯消毒の作業の説明です。
豪雪地帯の十日町市では、3月になってもまだまだ除雪作業が続いているようです。

 

【平成30年十日町産魚沼コシヒカリ】
春作業スタート(^O^)/
種まき前の種子の消毒作業「温湯消毒」
種籾は、病気の原因となるカビや細菌に汚染されていることがあるので消毒します。
通常農薬を使って消毒しますが、当JAでは60℃のお湯に10分間浸すことで消毒しています。安全安心の米づくりのスタートです。

 

【苗代の除雪作業風景】
雪の多い当地では、適期に育苗や田植えを行うため、苗代の土をいち早く出します。
このように除雪作業を行うことで適期の作業に備えます。

【積雪情報 】30.3. 1現在
十日町・・・131㎝
川西・・・239㎝
松代・・・185㎝
松之山・・・239㎝

【米の施設の雪下ろし作業】
高品質なお米を届けるためには、米を扱う施設の管理も大事です。
雪から施設を守るために、屋根の雪を人力で下していきます。
大変な作業ですが、美味しいお米を届けるため日々頑張っています。