お米の産地からの便り(会津有機米研究会)4/25

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
会津坂下町の佐藤さんから産地情報が送られてきました。
田植え前の種を播く作業です。
地域の皆さんとの共同作業なんですね。
千葉の桜は、すっかり散ってしまいましたが、
会津の桜は、今が満開ですね。
それでは、佐藤さんのお便りをどうぞ読んでくださいね。

会津の佐藤です。
播種作業が行われました。
4月22日、23日の両日、晴天の中での播種作業となりました。
「結い」と呼ばれる組織をつくり、3軒まとめての共同作業です。

毎年繰り返されますが、一連の流れ作業。
箱を入れる人、床土、播種、潅水、覆土、箱を取って積む人。


箱の重さは土と水で、ひと箱当たり約4kgになります。


二日間で3軒分、6,000枚の播種を行いました。

作業中はその家人が総監督を務め、機械の微調整や種籾、土の補充をしながら、他の人に指示を出します。

この時期ですので、近所の子どもさんがどこの学校に進学したとか、学校の先生が変わったとか、またお嫁さんを連れてきたとか、今度の町長選挙の話だったりと、地域の話題で盛り上がります。

外では近所の桜も満開で、春の風に揺られています。

その夜は花見も兼ねて慰労会で盛り上がりますが、そんなに深酒は出来ません。
次の日は、各々のハウスへ育苗箱を並べて、出芽をさせますので。
曇天や雨の日が多い今年の春ですが、いい芽が出て、丈夫な苗になって欲しいものです。
この時期になると、ようやく田んぼも乾き始め、一斉にトラクターの往来が激しくなります。
畦塗、肥料散布、堀払い、などなど、時間を惜しんでの作業は続いて参ります。
播種作業のお知らせでした。
会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也

お米の産地情報(JA十日町)4/13

こんにちは。
千葉市の米屋、萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町のJA十日町から今月も産地情報が、送られてきましたので、ご紹介します。
今月の写真を見ると先月までたくさん降り積もっていた雪もかなり少なくなって、フキトウや花が咲き始めて春の訪れを感じますね。
それでは、雪国の春を感じながら4月の産地情報です。

【いよいよ春作業が始まります!!】
積雪は、山間部ではまだ1m近く積もっているところもありますが、平場ではほとんど消え春作業の準備始まっております!!
雪消えと共に顔を出すフキノトウやお花が春を感じさせてくれます。
まだまだ肌寒い日が続いておりますので、暖かくなり桜満開のお花見シーズンが待ち遠しいです!!

【29年産米の種籾の浸種が始まりました☆】
浸種は、発芽率を揃えるために重要な作業であります。
浸種の際の水温は10度で12日間を基準とします。浸種作業の後は催芽に入ります。今年の種子の休眠は平年並みとされていますので、催芽温度は30度で日数は1~2日間行います。

催芽作業が終わりますと播種作業→育苗管理となります。
田植え前の作業は今後の生育状況にも大きく関わってきます。

今後の作業も随時、情報発信していきます☆