お米の産地情報(JA十日町)10/12

こんにちは。お米の萬平商店です。
魚沼コシヒカリの新潟県十日町市のJA十日町から稲刈りの産地情報が届きました。
収穫の秋の風景をご覧ください。

JA十日町産地情報(28.10.07)
十日町地区では、9月10日頃からコシヒカリの稲刈りが始まっております。
2016年9月産地情報十日町0277
今年は、暖冬のため雪消えが早く作業が早まったことや、気候等の関係により出穂が早まったため稲刈り適期も例年に比べ3.4日早まりました。生育状況も順調にきており豊作が見込まれておりましたが、収穫期に入った9月8日頃から雨の日が多くなり、なかなか刈り取れない時期が続き10月7日現在も稲刈りが続いております。(集荷率53.4%)
2016年9月産地情報十日町0276
棚田の稲刈り
【どろんこキッズスクールにて稲刈り体験!!】
9月10日、小学4年生~6年生を対象で行われるどろんこキッズスクールで稲刈り体験が行われました。9月に入りだいぶ涼しくなってきましたが、当日は日差しが強く30℃近い暑さの中子供たちは協力して稲刈りをしておりました。

【 米 初検査 】
9月7日初検査が行われました。JA十日町管内では7か所の米倉庫にて農産物検査員により検査が行われております。
産地情報十日町9月0274

当JAの農産物検査員は県内鑑定協議会において毎年優秀な成績を獲得しており、今年2月に行われた競技会においても優秀賞を獲得し全国鑑定会にも出場いたしました。
生産者から出荷して頂きた大切なお米を優秀な検査員が検査を行っております。
産地情報十日町9月0275

収穫の秋です。

今年も君津市の畑に、枝豆の収穫に行ってきました。
毎年、小糸在来と言う枝豆の畑のオーナーになって、生産者さんに、美味しい枝豆を育てて頂いて、秋に収穫します。
今年も美味しい枝豆が、たくさん採れました。
2016-10-10小糸在来1

お米の産地からの便り(会津有機米研究会ばんげ)10/7

会津有機米研究会の佐藤さんからお便りが届きました。
春の田植えに始まった今年のお米が、収穫の時期を迎えたようです。
佐藤さんたちの笑顔が、今年作柄が良いことを予感させてくれそうです。
それでは、お便りをご紹介いたします。

会津の佐藤です。
9月下旬より、稲刈りに入りました。
ひとめぼれ、ミルキークイーンが終わり、ようやくコシヒカリの刈り取りです。
出穂が平年より若干遅れたので、作業も遅れ気味。
台風がいくつか通過し、秋雨前線が停滞したので雨の日が多く、思うように進みません。
それでも暴風雨の直撃を免れ、倒伏もせずに順調に進んでいます。
明日10月8日は24節気の寒露。
秋雨前線が移動し、移動性高気圧が来るようになるので、朝晩は冷えるようになります。
今日は久しぶりに青空がのぞいたので、研究会の皆さんと写真を撮ってみました。
2016-10-7会津有機米研究会0269

今年は幼穂形成期(7月中旬から下旬)以降の日照が少なく、一穂の着粒数が少ないです。
普段ですと一穂に100~120粒のモミが付くのですが、1割ちょっとは少ないでしょうか。
登熟もゆっくり進みましたので、品質には影響がないようです。
稲穂の部分が軽いので、倒伏もしなかったようですね。
(新聞では作況予測も出ていましたが、どうしていつも現場とかけ離れているのでしょうかね)
2016-10-7会津有機米研究会0270

現在、刈り取りの真っ最中です。
ゆっくり乾燥、籾摺り、袋詰め → 検査場搬入、検査
となりますので、新米の出庫まではもう少しばかりお待ちください。
大事な稲を、丁寧に刈り取ってまいります。

会津有機米研究会ばんげ
佐藤真也